機能安全 - サービス内容ISO26262における認証需要の動向

ISO26262における認証需要の動向

ISO26262の規格上、認証取得は必須条件になっていませんが、近年、中国・台湾マーケットにおいては機能安全認証書を求められるケースが頻発しています。

そこでSGSジャパンは
■そもそも今、どうして中国市場にフォーカスするのか
■どうして中国市場で機能安全認証書が求められるケースが頻発しているのか
■ISO26262の認証の種類と違い(プロセス認証、製品認証)
■自社製品はどの認証取得が向いているのか
■SGSジャパンを通して機能安全認証を取得するメリット

上記をご説明した動画を公開いたしました。
(7) ISO26262における認証需要の動向 - YouTube


PDFをダウンロード.




貴社の戦略、今後のビジネス戦略を検討されるうえでご参考になれば幸いです。

動画内でご紹介しているプロセス認証、製品認証の具体的な実施手順、期間、概算費用などのご質問がございましたら、
下記までお問合せください。

■本件に関するお問い合わせ先
SGSジャパン株式会社
C&P Connectivity 機能安全
〒240-0005
神奈川県横浜市保土ケ区神戸町134
横浜ビジネスパーク ノーススクエアI 3F
TEL: 045-393-5200
E-mail: jp.fsafety@sgs.com



お問い合わせ先:SGSジャパン株式会社
C&P Connectivity 機能安全
TEL:
FAX:
045-393-5200
045-331-7644
お問い合わせフォーム
ホーム > サービス内容 > 機能安全 > ISO26262における認証需要の動向